その他

最近のペット事情はすばらしいの一言だ

子どものころからペットが回りにずっといました。子どものころには、犬、猫、オウム、はと、鶏、ハムスターと動物園状態。

楽しいのはよかったんですが、これだけいると旅行なんてまず無理。友達のとこは週末にどこへ行ったとか話ますが、我が家は旅行というか遠出の思い出がほとんどない。

でも、たのしい他の人には思い出もたくさんあるから、これはこれでよかったかなと大人になって思うのである。

猫は一時期、30匹もいた。家の一番大きな部屋が猫専用の部屋になっていたので、面白かった。

あるときは、朝起きると玄関先に段ボール箱に入った子猫が置かれていることも。

猫の砂は、最近いい商品が売っているのでうらやましい。当時は、朝と夕に水洗いして天日干ししての繰り返し。部屋も朝と夕に掃除機をかけていたので、幸い隣人から臭いの苦情はなかったのでよかったなと。

これだけいると病気になる猫も多々ある。特に、年齢が増えると。特に口臭はけっこうあった。当時は、歯をむき出して歯磨きをしてやる方法。これは、猫によって様々。

じーっとしている猫もいれば、もう怒りまくる猫。かかえて、歯をむきだしてやると、後ろ足でけられて生傷があちこちにでき大変。

いまは、キャットフードそのもが口臭ケアのものがあるというからいい時代です。

ペットショップに行けば、年齢に応じたキャットフードがたくさん陳列されているのにも、驚きです。

デンタルケアのキャットフードもいろいろあるが、ペットの先進国といえば、イギリスです。これは昔もいまも変わらない。

おすすめしたい猫の口臭ケアは、カナガンデンタルキャットフード。これは、子猫から成猫、シニア猫まで分量で対応なので、便利である。

しかし、ちょっと昨今の猫事情でいうと、雑種の猫がほとんどみかけなくなった。皆、有名な種別がついた猫ばかりだ。

たまに、神社で日向ぼっこする野良猫をみると、なんだか懐かしい。