その他

【注意】アキバっぽくならない冬シャツの選び方

気温が寒くなってくると、薄手のシャツではなく厚みのあるシャツを着たくなりますよね。

私の場合は、分厚いシャツ=ネルシャツと定義してます。これを着とけばあったかいですし、風通しもしにくくGoodです。
ただ、ネルシャッには落とし穴があります。それはアキバっぼくなることです。

お笑い芸人の塚地さんなんかが、アキバ人間に扮するときに、ネルシャツとジーパンにバンダナ巻いて出てきますよね。あれですあれ。

そうならないよう注意しないといけないってことです。大人ファッションには2つの大きな落とし穴があって、1つめがギャル男風になっちゃうこと、そして2つめがこのオタク風になることです。
ネルシャツはそこに至るリスクをめちゃくちゃ秘めているアイテムです。ガンバらないおしゃれを目指すオッサンにとってネルシャツは心強い味方なんですが、ひとたび気を抜けば飼い主にも牙をむきます。

ではどうすれば回避できるか。それはしっかりした厚手のものを選ぶってことです。薄手のネルシャッは変なシワも寄りやすいし、安っぽさを漂わせます。

もともとアメカジ一直線なアイテムなので、彼らが着る感じをイメージしながら、服というより道具の感覚で選びましょう!
僕は特定ブランドのネルシャツをよく着ますが、ものすごく分厚いです。ほんとにアメリカの古着みたい。ちょっと分厚すぎるくらいなので、クタらせたいので僕はガンガン洗濯します。

服だけじゃなく、肌や内面からきれいになっていけるといいですね。
老後の健康に